広がる葬式のスタイル【故人の希望する形で葬式ができる】

メニュー

自治体の補助を利用する

葬儀

特別区統一の協定料金で

世田谷区民の方は、葬儀のときに区民葬儀券という区の補助が利用できます。区民葬儀券を利用することで、祭壇、霊柩車での運送、火葬、骨壷などの遺骨収容容器が特別区統一の協定料金になります。料金は、祭壇は91000円〜295800円、霊柩車運送料金は14160円〜、火葬料金は53100円、遺骨収容容器代は9800円または10900円です。区民葬儀券を利用する場合、祭壇の内容などは限定されますが、特別なこだわりが無いのでしたら特に問題ないスタンダードな内容です。上記以外の斎場使用料やお花代、返礼品などは補助には含まれませんので、別途葬儀社と相談が必要です。それでも、補助を利用することで葬儀費用を抑えられます。昨今、火葬のみ行う「直葬」というスタイルが増えてきており、世田谷区でも直葬が行われることは少なくありません。また、近親者のみで行う「家族葬」も多くなっています。しかし、こうしたスタイルの葬儀ですと後から知らされた知人や友人が「故人にお別れを告げたかった」と、通夜や告別式に参列できなかったことを残念がるケースも増えています。直葬や家族葬で費用を抑えたい、けれどお別れの場としてセレモニーも執り行いたいというときに、こうした補助は助けになります。区民葬儀券は世田谷区内の指定店で利用できます。詳しくは、世田谷区役所や区役所の支所、出張所、まちづくりセンターでパンフレットが配布されています。ちなみに、利用には死亡確認書類が必要ですので、生前から将来の準備のために予約しておくといったことはできません。しかし、内容を把握しておくことでいざというときの葬儀費用の目安を把握できますので、パンフレットを入手したり、指定の葬儀社に事前相談をしておいて損はありません。

Copyright© 2018 広がる葬式のスタイル【故人の希望する形で葬式ができる】 All Rights Reserved.